中周波 EMS

中周波EMSは筋肉の奥まで届く?・・高周波か低周波かベストは。

EMSと中周波

 

EMSマシンというのは、トレーニングをしなくても身体中の筋肉に刺激して直接アプローチすることで、引き締め効果や筋力アップをサポートする専用機器ですね。

 

とはいっても、EMS自体は医療機器としても使われてますし、リハビリとか治療器具としてのEMSと、ダイエット・美容目的のEMSとに分かれるみたいです。

 

筋肉刺激装置としては家庭用でも多くのメーカーから販売されてますし、自宅で寝ながらでも腹筋を鍛えられたりするのに人気なんですね。

 

ただ、このEMS機器には周波数というものがあります。

 

だいたいで分けられているようですけど、低周波、中周波、そして高周波、ということです。

 

その周波数の違いが実はEMS筋トレ機械の製品によって異なるようで、筋肉刺激装置としての効果も様々だそうです。

 

なかでも中周波EMSは、治療目的から筋肉刺激目的など、幅広く使われています。

 

 

 

低周波について

 

EMSマシンによる「低周波」というのは具体的にどのくらいの周波数なのか?というと、おおまかですが「1Hz〜1000Hz」ぐらいですね。

 

Hzというのはヘルツという読み方で、1秒間あたりの振動回数のことです。

 

低周波のEMSとなると、かなりビリビリ、ゴワゴワした感じを受けると思います。

 

奥までしっかり刺激が浸透する・・というものの反対で、皮膚の表面で多くが分散してしまいますが、刺激の一部は筋肉まで届いてくれるようです。

 

なので低周波EMSは、筋トレ美容より、主に治療器として用いられることが多いということですね。

 

 

 

中周波について

 

さて、EMSの「中周波」についてですが、これは「1000Hz〜2000Hz」あたりの周波数です。

 

中周波ぐらいの強さになると、マシンを当てた箇所から3センチぐらいは刺激が直接届いて筋肉刺激を行う感じです。

 

周波数は高ければ高いほど皮膚への刺激は感じにくくなります。

 

ですので、低周波EMSよりは皮膚へのビリビリ感は少なくなって、より奥深くの筋肉刺激にアプローチできる・・というわけですね。

 

一般的に、市販・通販問わず比較的安い価格のEMS筋トレマシーンは、この「中周波」ぐらいの製品が多いようです。
数万円ほどで購入できるようなモデルは格安な方だと思われます。

 

また、中周波EMSは医療用の中周波治療器でもよく用いられるとのことです。

 

参考:中周波治療・筋刺激について

 

中周波EMSの筋トレダイエットグッズが廉価版というか、なぜ安いのか?というと、出力できる周波数が高周波になっていくほどコストもかかり、結果的に高価な製品になってしまうためだと思われます。

 

 

 

高周波について

 

EMSマシンの「高周波」になると、周波数はおよそ「3000Hz〜」になっていきます。

 

2000ヘルツ台の周波数なら、2900Hzぐらいでもまだ「中周波」と言えそうですね。

 

ここまで来ると、用途的にはメインはダイエット・美容(筋肉刺激・引き締め強化、有酸素運動など)が目的になってくるでしょう。

 

だから一般的に「高周波EMS」とはいっても、出力できる強さはピンキリだということです。

 

何万ヘルツ、何十万ヘルツ・・という、ものすごい高周波を売りにしている機器もあるみたいですが、その一方で「4000〜5000Hz」ぐらいで「高周波」と言っている製品もありますので。

 

このぐらいの周波数レベルになると、皮膚への直接のピリピリ刺激は感じなくなってきます。

 

ムダが省かれて、深層にある筋肉の層にまで集中的に刺激が働きます。

 

だったら、周波数が高いほど筋肉刺激にはおすすめなのか?・・というと、一概にそうは言えないのが難しいようですね。

 

パッド型の自宅用EMSトレーニング機器から、本格派な痩身エステサロンで採用される業務用のプロ向けEMSまで、この「高周波」が幅広く使われています。

 

 

 

では、「中周波EMS」はトレーニング目的の筋肉刺激装置としてはどうなのか?ということですね。

 

(1000ヘルツから2000ヘルツ台のマシン)

 

結論から言えば、それなりに効果を感じると思います。

 

高周波よりは筋肉の深い部分までは届きにくく、より浅い筋肉層が動く感触があるそうです。

 

筋肉は動きますので、筋トレ効果がないわけじゃない・・ということでしょう。

 

値段が安いなら安いだけの良さもあり、手ごろに家庭で購入して使えるのが魅力ですし。

 

それであまり満足できない人の場合には、ダイエットエステでEMSマシンを体験したり、いろいろ考えてみるといいですよね。

 

なお、高周波EMSなら筋肉刺激の効果が高いというわけでもありません。

 

周波数が高すぎても、今度は筋肉が動く感じがしなくなってしまうという問題もあるのだそうです。

 

ベストなのは、やはり「4000ヘルツ〜5000ヘルツ」ほどが刺激には効果的みたいですね。

 

その周波数の高低とは別に、「干渉波」というのもあります。

 

干渉波というのは複数の周波を互いに干渉させて、より効率的な筋肉運動を刺激する波のことです。

 

中周波だろうと高周波だろうと、干渉波の機能を組み込んでいるマシンの方が、より筋肉刺激効果にはおすすめだということですね。

 

そうはいっても、干渉波搭載マシンになるとそれなりに高価格にはなってきますが。

 

その辺の周波数のバランスと干渉波付きなことで人気の高い製品もあります。

 

高級クラスな人気EMSマシン

 

 

 

 

 

 

 

 


page top